本文へスキップ

聖書の豆知識:中通りコミュニティ・チャーチ

大患難時代の中間期

歴史の流れ 13

中間期に起こること

以下は、大患難時代が始まって3年半後に起こる出来事です。これにより、大患難時代は前半と後半に分けられます。

サタンが天での戦いに敗北する

現在、サタンの基本的なすみかは第一の天(空中)ですが(エペソ2:2、6:12)、神さまや聖天使が住む第三の天にも行くことができ、信者たちの罪を訴えています(ゼカリヤ3:1、ヨブ1-2章、黙示録12:10)。

しかし、大患難時代の3年半が終わった時、天でサタンの勢力と聖なる天使たちが戦いを交え、サタン軍は負けて地上に落とされます。

「さて、天に戦いが起こって、ミカエルとその御使いたちは竜と戦った。竜とその使いたちも戦ったが、勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。こうして、その大きな竜、すなわち、古い蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれる者、全世界を惑わす者が地に投げ落とされた。また、彼の使いたちも彼とともに投げ落とされた。私は、大きな声が天でこう言うのを聞いた。『今や、私たちの神の救いと力と王国と、神のキリストの権威が現れた。私たちの兄弟たちの告発者、昼も夜も私たちの神の御前で訴える者が、投げ落とされたからである。兄弟たちは、子羊の血と、自分たちの証しのことばのゆえに竜に打ち勝った。彼らは死に至るまでも自分のいのちを惜しまなかった。それゆえ、天とそこに住む者たちよ、喜べ。しかし、地と海はわざわいだ。悪魔が自分の時が短いことを知って激しく憤り、おまえたちのところへ下ったからだ』」(黙示録12:7-12)。

反キリストの世界征服

10人の王が連合して反キリストに戦いを挑み、反キリストは殺されてしまいます。ところが、反キリストはサタンの力によってすぐに復活します。

復活した反キリストが反撃し、10人の王のうち3人を殺し、残る7人は反キリストに降伏して服従するようになります。世界を征服した反キリストは、バビロンを自分の帝国の首都とします(ダニエル7:24、黙示録17:3,18)。

反キリストの神格化

10の王国を打ち破って政治的な権威を手に入れた反キリストは、バビロンの世界宗教組織も滅ぼして支配下に置き、宗教的な権威も手に入れます。

「あなたが見た十本の角と獣は、やがて淫婦を憎み、はぎ取って裸にし、その肉を食らって火で焼き尽くすことになります。それは、神のことばが成る時まで、神はみこころが実現するように王たちの心を動かし、彼らが一つ思いとなって、自分たちの支配権を獣に委ねるようにされたからです」(黙示録17:16-17)

そして、イスラエルの軍事的平和を約束した7年の契約を一方的に破棄し、エルサレムの神殿を占領して、自分を神として拝むよう世界の人々に要求します(ダニエル9:27、イザヤ28:14-22、第2テサロニケ2:3-4)。
偽預言者の登場
また、反キリストに従う偽預言者が登場して数々の奇跡を行ない、反キリストの像をエルサレム神殿の中に立て、それがものを言うようにさえして、人々が反キリストを礼拝するよう惑わします。

「また私は、別の獣が地から上って来るのを見た。それは、子羊の角に似た二本の角を持ち、竜が語るように語っていた。この獣は、最初の獣が持っていたすべての権威を、その獣の前で働かせた。また、地と地に住む者たちに、致命的な傷が治った最初の獣を拝ませた。また、大きなしるしを行い、人々の前で火を天から地に降らせることさえした。また、この獣は、あの獣の前で行うことが許されたしるしによって、地に住む者たちを惑わし、剣の傷を受けながらも生き返ったあの獣の像を造るように、地に住む者たちに命じた。それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がものを言うことさえできるようにし、また、その像を拝まない者たちをみな殺すようにした」(黙示録13:11-15)。

ふたりの証人の殺害と復活

エルサレムを占領した反キリストは、誰も殺せなかったふたりの証人を殺し、その死体をエルサレムにさらします。しかし、3日半後にふたりの証人は復活し、召天します。このため、さらに多くのユダヤ人が救われます(黙示録11:7-13)。

反キリストによるユダヤ人迫害

天での戦いに負けたサタンは、いよいよキリストの再臨が近いことを悟ります。サタンは、キリストが再臨すれば、自分の命運も尽きてしまうことを知っています(創世記3:15の預言は、サタンに向かって語られました)。

そこでサタンは、キリストの再臨を妨害するために、ユダヤ人をすべて抹殺しようとします。なぜなら、再臨の条件は、ユダヤ人が民族的・国家的に悔い改め、イエスさまを信じて「主よ来てください」と祈ることだからです(レビ26:41-42、エレミヤ3:12-18、ホセヤ5:15-6:3、ゼカリヤ12:10-13:1、マタイ23:37-39、イザヤ66:8、ゼカリヤ3:8-10、ローマ11:25-27)。

こういうわけで、サタンに従う反キリストは、ユダヤ人との契約を破棄し、迫害を始めます。世界中で、反キリストの名(獣の刻印)を額か右手に刻まないと、ものを売り買いすることができなくなります。

「また獣は、すべての者に、すなわち、小さい者にも大きい者にも、富んでいる者にも貧しい者にも、自由人にも奴隷にも、その右の手あるいは額に刻印を受けさせた。また、その刻印を持っている者以外は、だれも物を売り買いできないようにした。刻印とは、あの獣の名、またはその名が表す数字である。ここに、知恵が必要である。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。それは人間を表す数字であるから。その数字は六百六十六である」(黙示録13:16-18)。

ボツラへの脱出

このため、イスラエルに住むユダヤ人の多くは脱出し(マタイ24:15-16)、神さまの守りにより、死海南方のエドム地方にあるボツラ(今のペトラ遺跡)に逃げ込みます。

「ヤコブよ。わたしは、あなたを必ずみな集め、イスラエルの残りの者を必ず呼び集める。わたしは彼らを、囲いの中の羊のように、牧場の中の群れのように、一つに集める。こうして、人々のざわめきが起こる。打ち破る者は彼らの先頭に立って上って行く。彼らは門を打ち破って進み、そこを出て行く。彼らの王が彼らの前を、【主】が彼らの先頭を進む」(ミカ2:12-13)
※「囲いの中の羊」は、直訳「ボツラの羊」。


次の時代へ

中通りコミュニティ・チャーチ

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com