宇宙の再創造と再混乱

トップページ聖書の豆知識_目次 > このページ

歴史の流れ その2

秩序の回復

神さまは6日間かけて、混沌としてしまった宇宙に秩序を取り戻されました(創世記1:3-2:25)。

創世記の記事を見てみると、神さまが混沌としてしまった世界を二つに分けていき、秩序を取り戻していかれる様子が分かります。そして、秩序が整った空、海、地上に生き物が置かれていきます。

人間の創造

6日間の創造の最後に、神さまは人間アダムをお造りになり、エデンの園に住まわせました。そして、彼の助け手(パートナー)として、彼の脇腹の肉と骨からエバをお造りになりました。

「神である【主】は深い眠りをその人に下されたので、彼は眠った。そして、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。神である【主】は、人から取ったあばら骨をひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから」」(創世記2:21-23)
ヘブル語で「男」はイシュ、「女」はイシャと言います。言葉遊びですね。
ここから、アダムとエバはヘブル語を使っていたことが分かります。また、バベルの塔の事件(創世記11章)で人類の言葉が混乱するまで、創世記に出てくる人名や町の名前などは、すべてヘブル語です。

エデン契約

神さまはアダムと契約を結ばれました(創世記1:28-30と2:15-17)。この最初の契約のことを、神学者は「エデン契約」と呼びます。

「神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ」。 神は仰せられた。「見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と、種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与える。それがあなたがたの食物となる。地のすべての獣、空のすべての鳥、地をはうすべてのもので、いのちの息のあるもののために、食物として、すべての緑の草を与える」。そのようになった」(創世記1:28-30)

「神である【主】は人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。神である【主】は人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。 しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ」(創世記2:15-17)

その内容を整理すると、

エデンの園

エデンは、メソポタミア(チグリス川とユーフラテス川に挟まれた地域)のどこかにあった場所です。後述する大洪水のために地表の地形が激変したため、現在は正確な位置が分かっていません。

エデンの園は、そのエデンの東方に造られました。こちらも大洪水で破壊されてしまったので、現在は残っていませんし、正確な位置も分かりません。

人間の堕落

サタンは蛇に乗り移り(あるいは蛇の姿に化けて)、エバに語りかけて、「善悪の知識の木の実を食べると神のようになれる」と誘惑しました。エバはその実を食べ、そばにいて一部始終を見ていたアダムにも実を与えます。アダムはエバを止めるどころか、一緒に食べてしまいました。こうして、罪(神さまへの反逆)の無かった世界に罪が入り込んでしまいました(創世記3章)。

アダムが禁断の木の実を食べて、エデン契約に違反してしまったため、契約によってアダムに与えられていた約束や権利は取り消されてしまいました。その結果、 このほかの影響については、この後解説する「アダム契約」の項目をご覧ください。
次の時代へ

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.