中間状態

トップページ聖書の豆知識_目次 > このページ

中間状態とは

この世の終わりの時、全人類(アダム以降生まれたすべての人)の 永遠の運命が決まります(詳しくはこちらの記事をご覧ください)。そして、今、人が死んで、世の終わりまでの間に経験する状態を「中間状態」と呼びます。

キリスト昇天までの時代の中間状態

旧約聖書の時代、そしてイエス・キリストがもう一度天に昇られるまでの時代の、中間状態を図解すると以下のようになります。

シオール、広義のハデス

人が死ぬと、シオール(ヘブル語。ギリシャ語ではハデス)に降ります。

パラダイス、アブラハムのふところ

シオールの中の慰めの場所。死んだ信者が行くところです(ルカ16:22、23:43)。世の終わりまで、慰めの中で休息します。

アバドン、狭義のハデス

シオールの中の苦しみの場所。死んだ不信者が行くところです(ルカ16:23)。苦しみながら、最後の審判を待ちます。アブラハムのふところとアバドン(狭義のハデス)との間には深い淵があり、会話はできるものの行き来はできません。

悪霊たちの場所

アブソス

シオールには、死んだ人間たちが行く場所の他に、一部の悪霊が閉じ込められる場所があります。そこは、底知れぬ所(ギリシャ語でアブソス)と呼ばれています。イエスさまに追い出された悪霊レギオンが、そこに送らないでくれと懇願しました(ルカ8:31)。大変苦しい場所なのでしょう。

また、黙示録には、世の終わりの大患難時代にアブソスが開き、そこに閉じ込められていた何億という悪霊たちが解放され、地上を荒らし回ると預言されています(黙示録9:1-11、9:16-19)。

タータラス

なお、どうやらアブソス以外にも悪霊を閉じ込める場所があるようで、そこは暗闇の穴(ギリシャ語でタータラス)と呼ばれています(第2ペテロ2:4)。そこは、ノアの時代に、人の女性たちを誘惑して結婚し、ネフィリムという超人を生み出した特定の悪霊たちを閉じ込める場所です(ユダ6-7、第1ペテロ6:19)。 ここに閉じ込められた悪霊たちは、大患難時代になっても解放されることはありません。

ゲヘナ

上の図には載っていませんが、ゲヘナと呼ばれる場所についても聖書は語っています。「火の池」などとも呼ばれています。ここは、昔も今も空っぽです。というのは、永遠の刑罰のための場所だからです。最後の審判(白い御座のさばき)の後、罪の赦しを受け取らなかった不信者、サタン、悪霊たちがここに送られ、永遠の苦しみを味わいます。

キリスト昇天以降の中間状態

パラダイスが天に移動

イエス・キリストが天に昇られたとき、シオールにあったパラダイス(アブラハムのふところ)が、一緒に天に挙げられました(エペソ4:8)。

イエスさまが十字架で血を流すまで、信者の罪は覆われて、刑罰からは解放されていましたが、罪そのものは取り除かれていませんでした。そこで、神さまの臨在あふれる天にはまだ入れず、シオールに待機していなければならなかったのです。

しかし、今や罪の赦しが完成したので、パラダイスも天に挙げられました。イエスさまの昇天後は、死んだ信者の霊は天に直行します。「クリスチャンが死んだら天国」と言われるのはそういうことです。

パラダイス以外は以前と同じ

シオールの、パラダイス以外の場所は、世の終わりに行なわれる最後の審判までそのままです。

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.