本文へスキップ

ショートエッセイ:中通りコミュニティ・チャーチ

体内コミュニケーション

(2018年1月7日)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年始、NHKスペシャルの再放送で、人体を取り扱った番組を見ました。テーマは、体内の臓器が互いにコミュニケーションをとりながら、それぞれの活動を調整しているということ。たとえば、血圧が上がって心臓に負担が生じると、心臓からある物質が放出されます。すると、血液を通してそれを受け取った腎臓は、尿の生成スピードを上げて、体内の血液量を減らして血圧を下げようとします。また、血管も心臓からのメッセージ物質を受け取ると、血管内のささくれを修復して、血液がスムーズに流れるようにして、血圧上昇を抑えようとします。

番組では、この体内のコミュニケーションがおかしくなると、病気になると語られていました。たとえば、本当は細菌が侵入していないのに、何らかの原因で「敵が来た!」というデマを載せたメッセージ物質が体内を駆け巡ると、免疫細胞が異常に活性化して、健康な細胞や臓器まで傷つけてしまいます。また、がん細胞は、嘘のメッセージが載った物質を放出して、普段は通れない場所の障壁を開けさせ、全身に転移しようとします。

聖書は教会をキリストの体にたとえ、私たちクリスチャンを体の器官にたとえています。教会が健康でいるためには、各人がかしらであるイエスさまに従うことはもちろんですが、メンバー同士のコミュニケーションも健全に保つ必要があります。嘘、噂話、批判、攻撃的な言動などは慎まないといけません。むしろ、お互いの霊的成長に役立つような言葉をやりとりしたいですね。

中通りコミュニティ・チャーチ

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com