本文へスキップ

ショートエッセイ:中通りコミュニティ・チャーチ

神は私を見放した

(2018年1月14日)

日本の知的障がい者福祉の草分けであり、社会福祉法人「滝乃川学園」の創設者である石井亮一・筆子夫妻に関する記事を読みました。

後に亮一さんの妻となる筆子さんは、親が決めた許嫁と結婚し、3人の娘をもうけますが、上の2人は知的障がいがあり、三女は生まれて間もなく亡くなります。そして、夫も病気で亡くし、さらに、虚弱だった次女も亡くなってしまいました。

そんな頃、死者7千人を出した濃尾大地震が起こります。そして、孤児となった女の子たちをさらって女郎屋に売り飛ばす人たちが現れました。そこで、女子の孤児たちを保護して養育する働きを始めたのがクリスチャンの石井亮一さんでした。様々な悲しみを通してイエスさまと出会い、クリスチャンとなっていた筆子さんも、彼の働きに共鳴し、経済的な援助を始めました。さらに、彼が養育していた孤児たちの中には、知的障がい者もいたため、筆子さんも長女を預け、一緒に働くようになりました。こうして、やがて二人は結婚します。

しかし、1921年、生徒の火遊びから施設に火災が発生し、生徒6人が亡くなってしまいました。さすがの亮一さんも、「神さまは私たちを見放された。この試練に耐えるだけの信仰は、私にはない」と叫ぶほど意気消沈します。そして、二人は施設の閉鎖を決意しました。

ところが、神さまは二人と孤児たちを見放しておられませんでした。、新聞に施設の焼失の記事が載ると、大正天皇の皇后を始め、全国から多くの寄付や励ましの手紙が寄せられました。そして、渋沢栄一氏の助けを借りて財団法人化し、火災から半年後には施設を再開することができたのです。

次から次へと問題が押し寄せ、「自分は神に見捨てられた」と言いたくなるような状況でも、イエスさまのみこころを行なおうと努めている人を、神さまは決して見放すことをなさいません。もちろん、あなたのことも。

連絡先

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com


guests have visited here
since July 15th, 1999.