本文へスキップ

ショートエッセイ:中通りコミュニティ・チャーチ

一人職

(2020年9月23日)

私は、週日はスクールソーシャルワーカー(SSW)として福島県のある村で働いています。SSWとはどんな仕事かについてはこちらのサイトをお読みください。

現在、福島県のSSWの多くは、自治体や地域で「一人職」として働いています。一人職というのは、特に学校現場で用いられることが多い用語ですが、職場にその仕事をする人が一人しかおらず、しかも見習うべきモデルもいない職種のことです。たとえば学校なら、SSWの他に養護教諭、事務職員、栄養職員、用務員、学校司書、スクールカウンセラーなどがそうです。

一人職の人が抱えがちな精神的課題として、何かあったときに仕事を代わってくれたりカバーしてくれたりする人がいないという重圧、重荷を分かち合ったり相談したりできる人が身近にいないという孤独感などがあります。また、間違ったことを行なっていたとしてもそれを指摘してくれる人がいないという不安もあります。

福島県のSSWは、1,2ヶ月に一度のペースで近隣の地区のSSWと研修を受けたり交流会を持ったりしています。先日も地区別研修会に参加しました。研修自体も良かったですが、他のSSWと仕事上の悩みについていろいろ話し合うことができたことがとても良かったです。自分は一人ではない、悩みを分かってくれる人がいるという一体感、相談できる人、学ぶべき人がいるという安心感は一人職の私にとって大きな支えになっています。

イエスさまは、クリスチャンが一人で信仰生活を送ることがないよう、教会の一員としてくださいました。私たちは教会の集会や交わりに参加することによって、他のクリスチャンたちからたくさんのことを学ぶことができますし、精神的な支えて与えてもらうことができます。

連絡先

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com