顔色悪いよ

トップページショートエッセイ集2006年 > このページ

(2006.9.24)

ある会社で、ちょっとひどい実験が行なわれました。それは、いつも元気でハイテンションなAくんに対して、社員全員が、ある言葉をかけるという実験です。Aくん自身は、実験が行なわれているということを知りません。その言葉とは……。

Aくんがいつものように元気に出社してくると、受付嬢が「あれ? Aさん、顔色悪いですよ。大丈夫?」

Aくんが、「大丈夫ですよ〜!」と、元気いっぱいにエレベーターに乗り込むと、そこにいた営業マンが「あれ? Aくん、顔色悪いけど、どうした? なんか、気分が悪そうだけど」。

Aくんが、平気ですよとエレベーターを降りると、経理さんが廊下ですれ違いざま「あれ、Aさん、顔色悪いわよ。疲れてるんじゃない?」

Aくんが、どんよりしながら部屋に入ると、係長が「おい、Aくん。顔色悪いぞ。無理せず休んだらどうだ?」

……Aくん、本当に気分が悪くなって、昼前に早退したそうです。

言葉には大きな力がありますね。私たちはどんな言葉を聞いているでしょうか。

神さまからのメッセージは、あなたを強め、励まし、生かします。実は、神さまの声は、様々な方法で聞くことができます。特に、聖書と祈り。最初は分からなくても、短くていいので、聖書を読んだあと(初めての方には、私はルカの福音書から読むことを勧めています)、「どうぞお語りください」と祈って、しばらく静かに心の耳を傾けてみてください。

Copyright(c) 2006 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.