嬉しいことだけの日記帳

トップページショートエッセイ集2010年 > このページ

(2010.5.30)

私の友人が、そのまた友人から勧められて日記を付けることにしました。でも、その日記というのが、嬉しいことだけ、よかったことだけを書く日記帳なんです。

最初は、「これはおもしろそうだ」というだけで始めた日記ですが、しかし、毎日毎日書いているうちに、今まで気がつかなかったようなことにも喜べるようになったといいます。

今まで何気なく歩いていた道に、きれいな花が咲いていた。見知らぬおばあさんが、にこにこしながら歩いていた。リンゴの皮がきれいにむけた……身の回りに、祝福が満ちあふれていたんだということに気がつきました。そして、最近では、日記に書くための喜びの種を探して歩くようになったそうです。

実はこの友人は、色々と生活の中で悩みや痛みがあります。その状況が変ったわけではありません。しかし、心に余裕と喜びが生まれてきたと言いました。

聖書はこう語っています。

「私の恵みはあなたに十分である」(第2コリント12:19)

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい」(第1テサロニケ5:16-18)


あなたも、あなたの回りを取り囲んでいる、神さまの恵みにもっともっと目を留めてみましょう。

Copyright(c) 2010 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.