教会の電熱装置

トップページショートエッセイ集2017年 > このページ

(2017.7.9)

5人の神学生が、ロンドンで日曜日を過ごしました。彼らは、世界的に有名な牧師、C・H・スポルジョン(1834-1892)の説教を聞きたいと思っていました。

彼らが、スポルジョンが牧会している教会の前で、扉が開くを待っていると、一人の見知らぬ男性が近づいてきて、こう言いました。「皆さん、ようこそ。礼拝の前に、私たちの教会の電熱装置をご覧になりたくありませんか?」 それは7月のことでしたから、建物の保温について興味などありませんでしたが、礼拝開始までまだまだ時間がありましたから、彼らはなんとなくその男性について行くことにしました。

男性は、彼らを地下に導いていき、「私たちの教会の電熱装置はこれです」と言いながら、入り口のドアを開けました。すると、部屋一杯の人々が、床にひざまずき、熱心に祈りを捧げているではありませんか。

男性は言いました。「彼らは、今から始まる階上の集会のために、主の祝福を求めて祈っているのです」。そして、自己紹介をしました。彼はスポルジョンだったのです。

Copyright(c) 2017 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.