月に何度くらい?

トップページショートエッセイ集2017年 > このページ

(2017.10.1)

女優の羽田美智子さんが、バラエティ番組でこんな話を披露しておられました。羽田さんは京都が大好きで、京都に関する書籍も出版なさいました。その取材を受けたときのエピソードです。京都の魅力についての話を聞いていた記者さんが、こんな質問をなさいました。「ちなみに、月に何度くらい行かれるんですか?」 すると羽田さん、「えっ、月になんか一度も行ったことないですよ!」

語ったり書いたりしている人が伝えたいメッセージと、聞いたり読んだりしている人が受け取るメッセージが違うことは良くありますね。まあ、羽田さんのようなケースは笑い話で済みますが、聖書の言葉を間違って解釈し、神さまが本当に伝えたいと思っておられることを受け取り損ねてしまうと、とんでもないことになりかねません。神さまからのメッセージには、永遠のいのちがかかっているのですから。

その箇所だけ抜き出して「ここはこういう意味だ」と判断したり、現代の常識とか自分の感覚とかに合わないからといって、その箇所を無理に比喩的に解釈したりすると、それこそ読者の数だけ解釈が生まれてしまいます。聖書を読むときには、前後の文脈や、聖書全体のメッセージと照らし合わせながら、その意味を考えるようにしましょう。

Copyright(c) 2017 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.