うつ病の家族への対応法

うつ病の家族への対応法

うつ病,家族,対応,接し方,対処,法,コミュニケーション

このページをお開きになったということは、あなたの大切な方が、うつ病で苦しんでいらっしゃるのですね?

 

 

でも、大丈夫です。

 

 

あなたが、カウンセラーの知っている

 

  • ほんのちょっとした知識と
  • ほんのちょっとしたコミュニケーションの技法

 

を身につけて実践する。

 

それだけで、あなたの大切な人は、元気になっていきます。

患者さんの家族を助けたい

私は、20年ばかり、心理カウンセラーや心理学・コミュニケーション関係のセミナー講師などを務めてきました。

 

いろいろな方々に関わっていくうちに、私は、心に痛みを覚えている患者さんを直接助けることも大切だけれど……

 

患者さんに関わる、患者さんの家族を助けることが大切だ。

 

……と、強く実感するようになりました。

 

 

病気や問題を抱えた患者さんも苦しみますが、その家族も大きな苦しみを味わっています。

 

  • 治るのだろうかという不安
  • 生活していけるのだろうかという恐れ
  • なかなか症状が回復しない焦り
  • いくら一生懸命関わっても良くならないいらだち
  • 「この人さえ病気にならなければ」という怒り
  • いらだちや怒りを患者さんにぶつけてしまった後悔
  • 患者さんとの心の触れ合いが減ることによる寂しさ
  • どう関わっても、よけいに患者さんを苦しめてしまうというとまどい
  • 自分は何の役にも立てないという罪責感……

 

 

うつ病,家族,対応,接し方,対処,法,コミュニケーション

落ち込んでいるから励ましたら、よけいにつらそうにする。

 

だからといって、怖くなって放っておいたら、
「見捨てられた」とまたまた落ち込む……。

 

 

いったいどうしろって言うのよ!

 

って、思わず言いたくなる……。

 

 

もしかしたら、あなたもそうではありませんか?

私もそうでした

いや、私自身も、かつては同じような痛みを感じていたんです。

 

カウンセリングの勉強を始めた頃で、まだまだ未熟だということもあったのでしょう。

 

一生懸命関わっても関わっても、ちっとも患者さんが良くなっていかない。

 

私は焦りました。悔しくなりました。自分の無能を恥じ、責めました。

 

そして、恥ずかしい話ですが、なかなか治らない患者さんにイライラし、責めたくなりました。

 

 

そう、かつての私はダメなカウンセラーだったのです。

 

 

では、いったい私の何が問題だったのでしょうか。

 

続きはこちらをどうぞ

 

 

うつ病の家族への対応法記事一覧

うつ病の家族への対応法2

かつての私もそうでしたが、多くの人が間違った態度で患者さんに接し、その結果、かえって回復を遅らせてしまっています。その間違った態度とは、「治そうとすること」です。

≫続きを読む

うつ病の家族への対応法3

私は、患者さんの周りで援助している方たちの大変さ、イライラや不安、悲しみ、恐れなどが、手に取るように分かるようになりました。自分自身が、ダメなカウンセラーとしてみじめな思いをしたおかげです。そして、私は、患者さんの家族や友人、恋人、援助者たちを精神面、そして、コミュニケーションの技術面で助けたり支え...

≫続きを読む

うつ病の家族への対応法4

うつ病の患者さんに対してよくやりがちな、しかし効果のない対応法には、たとえばどのようなものがあるでしょうか?患者さんが、「もう何にもできない」とか、「自分なんか何の価値もない人間だ」とか、「死にたい」とかいうふうに、弱音を吐いたときどうしますか?「がんばって」と励ましたり、「もっと前向きに考えて」と...

≫続きを読む

うつ病の家族への対応法5

及川宏子さんは、お嬢さんがうつ病です。お嬢さんは完全に引きこもっている状態で、学校にも行けず、通院・投薬も拒否しておられたようです。守秘義務があるのでここには書けませんが、それはそれは大変な状況だったのです。(あなたには、想像できますよね?)もちろん、お母さんである宏子さんは、心配でたまりませんが、...

≫続きを読む