聖書の教えに関する質問

トップページQ&Aメニュー > このページ

救われるってどういうことですか?

聖書が教える「救い」とは、経済的に豊かになるとか、健康な長寿が約束されるとか、社会的成功とか、家内安全とかいうことではありません。「神さまとの愛に満ちた温かい関係が回復し、自分の罪に対する神のさばきを免れる」ということです。

罪って何ですか?

聖書が教えている「罪」は、私たち日本人が普通に考える罪とは違います。それは、天地をお造りになった唯一の神に対する不信、反逆、失礼のことです。 神が私を造り、私を支え、守ってくださっているとすれば、私には神を愛し、信頼し、忠実に従う責任があります。

ところが、私が「神が何を願い、何を忌み嫌われようとも、自分でしたいことを、したい時に、したいようにする」とすれば、それは人生の主であるはずの神を否定し、自分が自分の人生の神になることです。それは、神に対する大変な失礼です。独裁者の国で、指導者を否定し、その命令に逆らい、「自分はやりたいことをやる」と宣言したらどういう目に遭うか想像してみてください。

もちろん、聖書の神は、地上の独裁者と違って愛に満ちたお方ですが、同時にきよく、正義のお方でもあります。罪は必ずさばかれなければなりません。私たち日本人はなかなか理解しにくいことですが、たった1回でも(それが、私たちの感覚ではどんなに些細な違反だったとしても)神に逆らったとすれば、それは有罪であって、さばきをまねくことです。

しかも、その基準は非常に高く、99%の出来でもアウトです。100%完璧に神の教えを守らなければ、「罪人」と判定され、さばきをまねくことになります。

そして、その「100%完璧」は、生まれてから死ぬまでの間、ただの一度の失敗もなく続けなければなりません。今から私やあなたが、「100%完璧」の人生を送ることができたとしても(そんなのは不可能でしょうが)、生まれてから今までが100%完璧でなかったとしたら、もう手遅れです。

ですから、正しい行ないによって、罪のさばきを免れることは、私たち人間には不可能なのです。さぁ、困った!

でも、安心してください。私たちは行ないによって罪を取り除くことはできませんが、罪を赦され、さばきを免れ、神さまに大いに祝福される道が用意されています(後述)。

さばきって何ですか?

神が人間の罪に対して罰を下すことです。聖書が描いているさばきには、二種類あります。

最終的な刑罰

生きている間に罪の赦しを受け取らなかった人に対して与えられる刑罰です。これは永遠の滅びと呼ばれています。あらゆる祝福の源である神から完全に見捨てられ、ゲヘナ(火の池)と呼ばれる場所に送り込まれ、永遠に苦しむことになります。そして、そこから出ることは決してできません。

教育的指導としての刑罰

罪を犯して悔い改めようとしない個人や集団に対して、本来あるべき姿に立ち戻らせようとする意図で、苦難を与えるショック療法です。要するに、愛する我が子に対する厳しいしつけ、愛の鞭です。神からの愛に基づくしつけであると気づき、悔い改めるなら、いつでも何度でもやり直すことができます。

聖書に描かれている歴史上のさばきのほとんどはこちらです。生きている限り、いつでも悔い改めるチャンスが与えられています。そして、あなたが仮に自分の過ちの故に問題に直面したのだとしても、それは神に愛されていない証拠ではなく、むしろ愛されている証拠だと思ってください。

福音って何ですか?

福音とは「良い知らせ」という意味です。その内容は、「イエス・キリストが私の罪を赦すために十字架にかかり、死んで葬られ、3日目に復活なさったと信じるだけで、実際に罪を赦され、救われ、神の子どもとされ、永遠の祝福をいただく身分となれる」ということです。

第1コリント
15:1 兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。
15:2 また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
15:3 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
15:4 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
15:5 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。
15:6 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。
15:7 その後、キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。
15:8 そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現れてくださいました。

福音書時代の福音

なお、福音書が描いている時代の「福音」は、これとは内容が異なります。それは「旧約聖書が登場を約束してきた救い主(メシヤ、キリスト)がいよいよ現れた。それはナザレ出身のイエスである」というものです。

「ヨハネが捕らえられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。『時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい』」(マルコ1:14-15)

この時点で、イエスさまは十字架にかかっていませんし、当然復活もしていませんし、イエスさま自身も十字架や復活の話をしておられませんから、人々は信じようがありません。そして、ようやくイエスさまが十字架と復活の話をなさるようになってからも、弟子たちは誰一人としてそれを信じませんでした。

ところが、福音書にはこう書かれています。水をぶどう酒に変えるという奇跡を行なった後(決して十字架と復活の話をした後のことではありません)、「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた」(ヨハネ2:11)。これは、十字架と復活を信じたのではなく、イエスこそ約束の神の国の王、メシヤであると信じたという意味です。

今の時代の福音

しかし、今の時代の私たちにとっての福音は、上述の通りです。これを信じるだけで、あなたはクリスチャンであり、全ての罪を赦された神の子どもです。特別な修行も善行も献金も必要ありません。簡単ですね。あなたも信じませんか? 信じるよという方は、ぜひ私たちまでメールをください。

どんな罪でも赦されるなら、平気で罪を犯すようになりませんか?

イエス・キリストによってどんな罪も赦されるというのなら、人は安心してどんどん罪を犯すようになるんじゃないかというご指摘です。

そもそも、罪が赦されているということと、平気で罪を犯していいということとは違います。

そして、積極的に罪を犯さない方がいい理由を3つ挙げておきましょう。

1.神さまを尊敬し、愛しているなら、そんな真似はできません

キリスト教の本質は、私たちがどれだけ祝福されるかということではなく、神さまとどんな関係を持つかということです。私たちの神さまは、祝福の自動販売機ではなく、ご人格です。

あなたが結婚、あるいは恋愛中だとします。そして、浮気をしてしまいましたが、謝罪したら、配偶者や恋人が赦してくれました。じゃあ、いつでも浮気できると安心して、それからも浮気し放題でいい、ということにはならないでしょう? 確かに配偶者や恋人は赦してくれたでしょうが、浮気は彼/彼女を深く傷つける行為だから。

神さまも同じです。神さまが私たちの罪によってどんなに傷つき、悲しまれるかを知り、神さまが私たちの罪を赦すためにどんな犠牲を払ってくださったかを知り、神さまがどんなにすばらしい方かということを知り、神さまを愛し尊敬しているなら、「どうせ何をやっても赦されるんだから、安心して好き勝手な生き方をしよう」というような、神さまを馬鹿にしたり、神さまの愛情を利用したりするような真似ができるはずがありません。もしできるというのなら、そもそもイエスさまを信じ、救われているのかどうか……。

2.やがて来る世で損をします

聖書は、イエスさまが再臨(もう一度地上に帰ってこられること)なさると、地上に千年間の王国(千年王国、神の国)が実現し、イエスさまが王として統治なさると預言されています。イエスさまによって自分の罪が赦されたということを信じた人は、すべて千年王国に迎え入れられます。神さまに忠実な生涯を送っても、自分勝手ないい加減な生涯を送っても、です。

ただし、千年王国でどんな祝福をいただくかは、生きている間にどんな生き方をしたかによって決まります。

「与えられた神の恵みによって、私は賢い建築家のように、土台を据えました。そして、ほかの人がその上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。
というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。
もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。
もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります」(第1コリント3:10-15)


「どうせ赦されるんだから、好き勝手に生きよう」というのは、長い目で見れば損です。

3.地上でも損をします

罪は、神さまを傷つけ、自分自身を傷つけ、周りの人や社会や自然を傷つけます。 神さまは私たちの天の父で、私たちを大切に思っておられますから、私たちが罪を犯して平気でいると、私たちのために教育的指導をなさいます。時にそれは、私たちを痛い目に遭わせて反省を促すという方法でなされます。愛の鞭ですね。

私たちは不完全ですから、ついつい神さまのみこころに逆らうことを考えたり、行なったりしてしまいますが、安心なことにそれらの罪や失敗はすべて赦していただけます。ただ、どうせ赦されるんだからと、反省しないで繰り返し罪を犯し続ければ、神さまからの教育的指導によって痛い目に遭うことになるでしょう。それは損な生き方ではありませんか?

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.