スクールソーシャルワーカーだより

2009年度記事一覧

2009年5月号

お子さんが、家のお手伝いや困っている人のお手伝いを喜んでする、積極的で優しい人に育って欲しい。それは、親としての当然の願いだろうと思います。では、そのためには、親としてどんな子育てを心がければよいのでしょうか。今回は、あるお母さんの、お嬢さんへの関わりを紹介します。お子さんへの接し方のヒントにしてい...

≫続きを読む

 

2009年6月号

こういう子どもに育って欲しい…親ならば、誰しも子どもに対して理想を抱いていることでしょう。しかし、このような子になれと言うだけでは、なかなかその思いが伝わらず、かえって反発を招くこともあります。そして、そのためにもどかしい思いをなさることが多いかもしれません。今日は、押しつけでないやり方で、「こうな...

≫続きを読む

 

2009年7月号

今月も、子育てのヒントをお話しします。今回のテーマは「ほめる」です。

≫続きを読む

 

2009年8月号

前回、「ほめる」をテーマにしましたが、「ほめてばかりはいられません。子どもが悪いことをしたときには厳しくしつけないと……」という感想をいただきました。確かにそうですね。そこで、何回か「叱る」をテーマにお話しいたします。

≫続きを読む

 

2009年9月号

前回に引き続き、「叱る」をテーマにお話しいたします。

≫続きを読む

 

2009年10月

今回は、周りの大人たちが子どもたちに贈ることができる、最高のプレゼントは何か……というお話です。

≫続きを読む

 

2009年11月号

前回、子どもたちに、どんなことがあっても揺るぐことのない自信……「自分はすばらしい存在であり、だから必ずすばらしいことができるんだ」という自信をつけさせてあげることが大切だと申し上げました。そのためには、子どもを大切に扱うということです。具体的に、行動によって「大切だ」ということを表すのです。今日は...

≫続きを読む

 

2009年12月号

前回の続きで、子どもが「自分は大切にされている」と感じられるような話の聴き方について書かせていただきます

≫続きを読む

 

2010年1月号

ここのところ、子どもを伸ばすような話の聴き方についてお話ししていますが、今回はちょっと趣向を変えて、保護者の方からのご質問にお答えします。中学生の息子を持つ母親です。以前は素直だった息子が、最近反抗的な態度を取るようになって、親の言うことをさっぱり聞こうとしないので悩んでいます。反抗期の子どもにどの...

≫続きを読む

 

2010年2月号

この前、中学校の相談室を掃除してくれている子どもたちと、血液型の話になりました。朝のワイドショーでも雑誌でも、必ず血液型占いのコーナーがありますね。特に日本人は、血液型占い(あるいは、血液型性格分類)が大好きです。今日は、そんな話から始めてみましょう。

≫続きを読む

 

2010年3月号

今年度最後の「スクールソーシャルワーカーだより」です。今日も、子育てに役立つコミュニケーション法をお伝えいたします。

≫続きを読む