スクールソーシャルワーカーだより

2011年度記事一覧

2011年4月号

今年度も、スクールソーシャルワーカーとして大玉村で働かせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。未曾有の大災害でした。物理的な被害のあるなしにかかわらず、こういう大災害では、特にお子さんたちの心には様々なダメージが残ります。お子さんの心身に以下のような変調が出ていませんか?

≫続きを読む

 

2011年5月号

「目標を立てずに行動するのは、失敗することを目標にして生きているようなものだ」という言葉を聞いたことがあります。目標やそれに基づいたスケジュールを立てないで行動すると、その場その場、その時々に目に付いたことを行なうことになって、とても無駄が多くなります。そして、あとで「あのときこうしておけば良かった...

≫続きを読む

 

2011年6月号

前回、「目標の緊急度と重要度」についてお話ししました。今回も、目標の立て方についてお話しします。

≫続きを読む

 

2011年7月号

5月、6月に続いて、目標の立て方についてお話しします。

≫続きを読む

 

2011年9月号

3回に渡って目標の立て方についてお話ししてきましたが、かく言う私は、元来ぐうたらな性格なので、いろんな目標を立てても、文字通り3日坊主に終わってしまうことが少なくありませんでした。ところが、いくつかのコツを覚えたところ、以前ほど中途で脱落することが少なくなってきました。今回は、そのコツの一つについて...

≫続きを読む

 

2011年10月号

我が子には平穏無事な人生を送ってもらいたい。多くの親がそう思うでしょうが、現実にはそうはいきません。生きている以上、問題に巻き込まれたり、誰かとトラブルになったり、壁にぶつかったり、希望していたことがかなわなかったり、競争に負けたり……そういう残念な状況をまったく味わわないで過ごすことはできません。...

≫続きを読む

 

2011年11月号

前回、感情を生み出すのは他人の言動や出来事ではなくて、それをどう解釈し、意味づけるかという、こちらの受け取り方、考え方だということを申し上げました(アルバート・エリスのABC理論を紹介しましたね?)。頭に来るような受け取り方をすれば、怒りがわき上がってくるし、自分が惨めになるような受け取り方をすれば...

≫続きを読む

 

2011年12月号

感情のコントロールについてお話ししています。が、コントロールの前に、私たちは今自分が感じている気持ちが何なのかということを自覚できていないことが多いのかもしれません。特に、感情的になっているときというのは、グワーっという、内側から突き上げてくるような力は感じますが、それがどういう気持ちなのかというこ...

≫続きを読む

 

2012年1月号

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 さて、年末年始に食べ過ぎてしまって、そろそろダイエットを考えていらっしゃる方もおいでかもしれませんね。今日は、それに役立つかもしれないお話から始めてみましょう。

≫続きを読む

 

2012年2月号

前回は、意識で決意してがんばるだけでなく、無意識を味方に付けることができたなら、勉強にせよ、スポーツにせよ、ダイエットや仕事にせよ、効果が上がるということをお話ししました。今回も、無意識を味方に付ける方法についてお話しします。

≫続きを読む

 

2012年3月号

スポーツの試合前や最中に、選手が手のひらを胸に当てながらぶつぶつ何かをつぶやいたり、コーチと顔を見合わせながら大声で何かを叫んだりしているシーンを見たことがありませんか?あれは、自分に対して前向きな言葉を語りかけることで、自分の無意識の中に眠っている潜在力を引き出し、本番で良いパフォーマンスを上げよ...

≫続きを読む