スクールソーシャルワーカーだより

2012年度記事一覧

2012年4月号

お子さんの入学・進級、おめでとうございます。大玉村教育委員会スクールソーシャルワーカー(略してSSW)の増田泰司(ますだたいじ)です。月に一度、この「スクールソーシャルワーカーだより」で、子育てや自分育てに役立つさまざまな話をお届けしますので、お楽しみに。

≫続きを読む

 

2012年5月号

先日、ある高校の先生方と歓談していたとき、どうやって子どもたちの「やる気」を引き出したらいいかという話になりました。やる気を引き出すというのは、家庭でも、学校でも、企業でも永遠のテーマですね。私自身、他人のやる気を簡単に引き出す魔法のような方法を知っているわけではありませんが、今回はそのためのヒント...

≫続きを読む

 

2012年6月号

現実療法を創始したウィリアム・グラッサーは、人間には5つの基本的な欲求があると言いました。人は、これらの欲求を上手に満たしてもらえると、満たしてくれた人や場に対して心を開き、その期待に応えようとし始めます。今回と次回は、「5つの欲求」活用のヒントをお話しします。

≫続きを読む

 

2012年7月号

今回も、前回に引き続き、「5つの欲求」活用のヒントをお話しします。今回は、4つ目と5つ目の欲求についてです

≫続きを読む

 

2012年9月号

お子さん、あるいはご家族、お友だち、同僚に、こんな方はいませんか? 時間通りに行動できない、片付けられない、約束をすぐ破る、忘れ物が多い、空気が読めない、人が傷つくことを平気で言う、すぐキレる、落ち着きがない、優先順位をつけるのがヘタ、大事なことを先延ばしにする……。多くの場合、私たちは、これはその...

≫続きを読む

 

2012年10月号

今回も、発達障がいについてお話しします。

≫続きを読む

 

2012年11月号

以前、ある高校生からこんな相談を受けました。自分はコミュニケーションが下手で悩んでいます。よく友だちや親と行き違いが生じて、嫌な思いをしたりさせたりしてしまいます。どうしたら、もっとうまく会話ができるようになりますか?私は答えました。「話というものは、通じないものなんだ、ということを知ることだよ」。...

≫続きを読む

 

2012年12月号

もしかしたら、皆さんの職場などに、言われたことしかやらない、自分から進んで何かをやろうとはしない、仕事でも人間関係でも受動的・消極的・閉鎖的だという人がいらっしゃるかもしれません。しかし、私たちは大切な子どもたちに、そのようなうつむき加減の生き方でなく、物事に積極的に取り組んでいけるような、そして価...

≫続きを読む

 

2013年1月号

明けましておめでとうございます。前回、失敗力についてお話ししましたが、今回もその続きです。失敗力が豊かだということは、たとえ物事がうまくいかなくても、たとえ何度か失敗したとしても、それでも物事を途中で投げ出さずに最後までやり切る力があるということです。私たちが子どもたちの良いモデルになるために、私た...

≫続きを読む

 

2013年2月号

先日、児童虐待に関する勉強会に出席しました。日本では、子どもたちに対する虐待を予防し、残念ながら発生してしまった場合には、それをできるだけ早期に発見し、援助の手をさしのべられるようにするため、「児童虐待の防止等に関する法律」(H12年制定・16年改正)という法律(通称、児童虐待防止法」が定められてい...

≫続きを読む

 

2013年3月号

年末、本棚の整理をしていたら、大学時代の教科書が出てきました。「教育工学」というクラスで使ったものです。教育工学とは何ぞやということについてはここでは説明しませんが、講義の冒頭で教授が語った言葉については、教科書を見たとたん、克明に思い出されました。それだけ印象的だったのでしょう。その言葉とは、「授...

≫続きを読む