スクールソーシャルワーカーだより

コンビニのトイレ

コンビニエンス・ストアでトイレを借りると、壁にこんな紙がよく貼ってあります。

 

「きれいに使っていただき、ありがとうございます」。

 

言いたいことは、「きれいにお使いください」であり、さらに言えば「汚さないでください」ということです。しかし、このような言い方をされると、何となく気持ちがいいですね。同じことを言われるにしても、言い方ひとつで、感じ方、受け取り方がずいぶんと変わるものです。

 

人は期待に応えようとする

コンビニのトイレの言葉は、「あなたは、トイレをきれいに使ってくださる方です」というメッセージを含んでいます。すると、私たちはそのイメージを崩さないように行動しなければと、無意識に思うようになります。そして、結果的に期待通りの行動をするようになるのです。

 

友だちやきょうだいに乱暴する子どもを叱る際、「ホントにあなたは、乱暴なんだから。乱暴はやめなさい!」と言っていたらどうでしょう。子どもは、「あなたは乱暴な人間なのだよ」というメッセージを受け取り、そのイメージにふさわしく行動しようとします。乱暴者が優しい言動をしたらおかしいですから、結果として、ますます粗暴になるでしょう。

 

肯定的な評価を伝えましょう

ですから、「この子、ちょっと乱暴で困るなあ」と思ったら、むしろ「この子は優しい子だ」という目でお子さんを見つめてみてください。きっと、優しい行動を取っている場面がたくさん見つかるはずです。どんなにグズな子どもだって、時間通りに行動できる場面がありますし、どんなに嘘つきと言われる人だって、本当のことを言っている場面がたくさんあります。

 

そして、心を込めて「○○ちゃんは優しいね。だって、こんなことをしてくれたもの」と、語りかけてあげましょう。それを繰り返していくなら、きっとその子は、期待に応えて望ましい言動をしてくれるようになるでしょう。

 

どうしても乱暴な行動をとがめなければならないときでも、「あなたは乱暴だ。そんなことをしてはダメだ」というニュアンスではなく、「あなたは優しい子なんだから、そんなことをしてはいけないよ」というニュアンスで伝えられるといいですね。

 

人格を認める言葉

ほめたり叱ったりするときのコツがあります。それは「ほめるときは人格(性格、性質)をほめ、叱るときは行動を叱る」です。人格を叱らないで行動を問題にするというのは、上述のように否定的な自己イメージを持たせないためです。

 

一方、行動(100点取ったとか、お手伝いしたとか)ばかりほめていると、ほめられないと何もしなくなる子に育つ恐れがありますが、人格をほめると、上述のように自発的に望ましい行動をする子に育ちます。

 

あなたは素晴らしい人です

本棚の整理をしていたら、カウンセリングの勉強をしていた頃のノートが出てきました。話の聴き方の技術の一つに、相手の言った言葉をそのまま、あるいは要約して相手に返すというものがあります。その練習のとき、こんな例題が出ました。

  • 「子どもたちにセーターでもと思うのですが、忙しさにかまけて、つい作れないでおります」。

 

教科書的な解答とすれば、

  • 「お忙しいために、なかなかセーターを編めないでいらっしゃるのですね?」

というようなところでしょうか。ところが、指導してくださった先生はこういう答えを示されました。

「お忙しい中でも、お子さまたちにセーターを、と?」

当時の私は、よっぽど感動したのでしょう。真っ赤な大きな字で、先生の答えをノートしていました。

 

自分の人格、存在を強烈に肯定されると、私たちはやる気、元気、根気が引き出され、肯定的なイメージにふさわしい行動を引き出されます。きっと、これをお読みのあなたも、お子さんやご家族や同僚や近所の人たちにそのようなメッセージをたくさん発信しておられることでしょう。これからも「あなたは素晴らしい存在だ」というメッセージを、繰り返し繰り返し周りの人たちに伝えられるといいですね。

2017年10月号関連ページ

2017年4月号
ちょっとものの見方を変えることで、子どもを励ますだけでなく、自分自身の精神状態も安定します。
2017年5月号
お子さんたちに対して怒りっぽいことについて密かに悩んでおられるお母さん。さて、怒りっぽい性格はとんでもなく素晴らしいのですが、それはなぜ?
2017年6月号
意見言葉を使ってみると、よけいな反発を招かずに済むかもしれません。
2017年7月号
ほめて育てることは大切ですが、ほめ方にちょっとした工夫をしてみましょう。
2017年9月号
同じ事を表現するのにも、肯定的な言い方もできるし、否定的な言い方もできます。大事なのは、どちらの言い方の方が、効果があるかということです。
2017年11月号
失敗したり競争に負けたりするの自信喪失の原因なのではなく、要は捉え方。捉え方次第で、失敗が宝になり、大きな自信につながります。
2017年12月号
あなたやお子さんには「憧れの人」がいますか? その人を使った、やる気の引き出し方を紹介します。