本文へスキップ

ショートエッセイ:中通りコミュニティ・チャーチ

言い訳していいわけ?

(2013年3月3日)

私たちは、よく「言い訳するな」と言われて育てられてきたのではないでしょうか。しかし、私などは、失敗をした時、物事がうまく進まない時、ついつい言い訳をしてしまう悪い癖があります。

ところが、以前働いていた職場の同僚に、アメリカ育ちの人がいまして、彼は「どうして言い訳するのがいけないことなんだ?」と言います。アメリカでは、ミスをした時には、ただ「ごめんなさい」と謝るだけでなく、どうしてミスをしたのか、そして今後どうするつもりなのかを、きちんと説明しなければならないと教えられたそうです。そうでなければ、謝罪にならないと。

どうやら、「言い訳」という言葉の定義が違うようですね。良い言い訳と、悪い言い訳がある、と言ってもいいでしょう。良い言い訳とは、どうして失敗したのか理由を述べて、そして次回はその理由が通用しなくなるような方法なりシステムなりを考えて、相手に伝えることです。こういう言い訳ならば、ミスがなくなっていきますし、次々と成長のためのアイデアが生まれてきます。一方、悪い言い訳では、今後どうするかということについては語りません。結果、成長は見られないでしょう。

この違いはどこから出てくるでしょうか。良い言い訳をする人は、自分が過ちを犯したことを認めます。しかし、悪い言い訳をする人は、自分は悪くないということを相手に認めさせようとします。自分をよく見せようということです。

聖書は言います。「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます」(第1ヨハネ1:9)。

神さまの前に、強さも弱さも全部さらけ出し、等身大の自分を生きている人は、自分を良く見せようとしてその場限りの悪い言い訳をするのではなく、明日につながる良い言い訳をすることができます。そして、ぐんぐん成長していくことができます。

連絡先

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com


guests have visited here
since July 15th, 1999.