本文へスキップ

ショートエッセイ:中通りコミュニティ・チャーチ

戦場のメリークリスマス

(2017年12月24日)

第一次世界大戦中の出来事です。ここはフランス軍とドイツ軍の戦う最前線。時はクリスマスでしたが、彼らは互いに塹壕を掘り、互いに銃を撃ち、手榴弾を投げ合っていました。銃声と爆音、そして叫び声やうめき声。それが凍るような冷たい夜空にいつまでも響いていました。

フランス兵の一人がため息をついて言いました。「今頃、故郷では、みんなミサに出かけて賛美歌を歌ってるんだろうなあ」。すると、隣の兵士が言いました。「よおし、俺たちも歌おうじゃないか」。二人はクリスマス・キャロルを歌い始めました。すぐに、同じ塹壕の仲間たちがそれに加わりました。まもなく、隣の塹壕の兵士たちも歌い始め、小隊全体に、そしてやがては最前線にいる全部隊へと、そのクリスマス・キャロルの歌声が広がっていきました。

すると、ドイツ軍からの攻撃が次第に収まっていきました。フランス兵たちが耳を澄ますと、なんとドイツ語のクリスマス・キャロルが聞こえるではありませんか。

その夜は、銃弾と手榴弾の代わりに、一晩中フランス語とドイツ語の賛美歌が、交互に歌い交わされました。

今年もあちこちで国と国、部族と部族、そして個人と個人との争いがありました。平和の主であるイエスさまが、私たちクリスチャンから、私たちの日常に、そして世界に広がりますように。

中通りコミュニティ・チャーチ

〒962-0001
福島県須賀川市森宿辰根沢74-5

TEL 090-6689-6452
E-Mail info@nakakomi.com