スクールソーシャルワーカーだより

2016年度記事一覧

2016年4月号

お子さんの入園・入学、進級おめでとうございます。教育委員会でスクールソーシャルワーカーをさせていただいています、増田泰司と申します。学校の先生方、スクールカウンセラー、役場の方々、病院や警察や児童相談所など各機関の方々と協力しながら、皆さんの子育てを支援する仕事です。何か子育てやご家庭の問題で行き詰...

≫続きを読む

 

2016年5月号

誰しも、人に嫌われるよりは、好かれた方がうれしいですね、特に我が子や教え子には。今回は、好感度をアップしたければ、他の人にお願いして助けてもらうといいですよ、という話です。認知的不協和スティンガーという心理学者が、「認知的不協和」という用語を作りました。これは、人が自分の今までの行動や信念と矛盾する...

≫続きを読む

 

2016年6月号

これまでいろいろなご家庭や団体、企業などを見てきましたが、メンバー同士がお互いに感謝し合っているグループは、間違いなく一人一人が生き生きと輝き、また多くの良い結果を残しています。「ありがとう」の反省会あるハワイの公益団体の話です。その団体では、貧困、虐待、差別などの問題を抱えたり、道徳的に問題のある...

≫続きを読む

 

2016年7月号

エリクソンという心理学者が、子どもの発達段階には、それぞれの時期固有の発達課題があると言いました。固有の発達段階をその時期にしっかりクリアしていないと、後でカバーすることは大変ですし、次の発達段階の課題のクリアにも支障が出るようになるというのです。発達段階と課題乳児期(誕生〜1歳半頃)この時期の発達...

≫続きを読む

 

2016年9月号

時々、お子さんがこちらの言ったとおりに動いてくれなくて、「何度言っても分からないんだから!」とイライラしておられる親御さんとお話しすることがあります。言ったとおりに動いてくれないと、がっかりしてしまいますが、ちょっと待ってください。お子さんは親御さんを困らせてやろうと思って言うことを聞かないのではな...

≫続きを読む

 

2016年10月号

明石家さんまさんがラジオ番組の中で、自分のお笑い芸人としての地位はあと20年安泰だと話して、笑いを取ったそうです。それは、LINEやTwitterなどのSNSが普及したおかげで、若い世代がどんどんトーク下手になっていくだろうと感じたからだとのこと。どういうことでしょうか?短文でお手軽に済ませてしまう...

≫続きを読む

 

2016年11月号

声優の春名風花さんが、Twitterでこんなツイートをして注目されています。風花さんのツイート10月18日のツイートより。いじめられる側に原因があるか聞かれたら完璧な人間はいないのである、と答えざるをえませんけれどそれは、いじめる側が原因を相手の中に「見つけた」だけのことだと思いますまずいじめる側に...

≫続きを読む

 

2016年12月号

先日、心配性の性格がつらいとおっしゃる方とお話ししました。お子さんのこと、生活のこと、健康のことなど、いろいろなことが心配で、落ち着かないとおっしゃいます。読者の皆さんは、ご自分が心配性だと思われますか? 今回のテーマは、心配性に対する処方箋です。関わりすぎと心配性お子さんなどについて、あれこれ事細...

≫続きを読む

 

2017年1月号

少し遅めですが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。年始に行なわれた箱根駅伝では、青山学院が3連覇を果たしましたね。元々弱小軍団だった同校陸上競技部をここまで育てたのは原晋監督です。原監督がまず取り組んだことの一つは、選手一人一人に明確な目標を作らせることだったとか。勉強...

≫続きを読む

 

2017年2月号

ギリシャ神話ってお好きですか? 私は若い頃にハマっていたことがあります。今日は、ピュグマリオーンという王さまの話から始めてみましょう。もちろん、最後は子育ての話に持っていきます。ピュグマリオーンの恋キプロス島の王ピュグマリオーンは、仕事一筋の堅物で女性に見向きもしません。このままではお世継ぎも期待で...

≫続きを読む

 

2017年3月号

テレビでオーケストラの演奏を聴いていて、以前受講したセミナーのことを思い出しました。講師がこんなことをおっしゃったのです。「バイオリンがオーケストラなのではない」。講師は「前田敦子さんがAKB48なのではない」ともおっしゃったのですが、ちょっと例話が古いので、オーケストラの話を取り上げることにします...

≫続きを読む